若手ディレクターが語る!フリーランスとは

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのメリット・デメリット

フリーランスのデメリットとは

フリーランスとして独立すると、仕事は全て一人でこなさなければなりません。上司もいませんし、もちろん部下もいませんね。自分を叱ってくれる人もいませんし、褒めてくれる人なんているはずもありません。基本的にそう考えて仕事を進めなければなりませんよね。
なので、自分が今行っている、または過去に行った行動は正しいのか?という事を全て自分自身で判断しなくてはいけません。また、間違った行動をした時には、自分に自分で渇を入れなければならないのです。
フリーランスになって初めて気づくんですよね・・・。自分を叱ってくれる人がいないことを。この部分は、たくさんの人が感じるフリーランスの一番のデメリットという事になるでしょうね。私もフリーになって10年ほどなのですが、未だに収入はその月によって、上がったり下がったりする月がありますね。大げさな言い方ですが、月の収入が100万円を超える時があるかと思えば、全く収入がない月があったり・・・。今ではWebサイトの保守費用などで安定的に収入があるというフリーランスの人も多いと思うのですが、そこに至るまでの道のりが結構大変だったりします。
基本的にフリーランスになると、営業面も自分で全てやらなくてはいけません。会社に勤めていると、営業担当の人がいて、経理担当者がいます。なので、自分は専門業務だけをやっていればいいですよね。でも、フリーランスの場合はそういう訳にはいかないのです。
例えばデザイナーであれば、デザインの仕事をするためにはまず自分で仕事をゲットしなくてはいけないのです。自分が取った行動や言動、作業に至るまで、責任は全て自分に降りかかって来るのです。会社に勤めている時であれば、自分の失敗は上司が責任を取ってくれた事でしょう。ですが、フリーランスは全て自分で責任を負わなくてはいけません。問題にならないように、自分のスケージュールや自分の行動、言動などにしっかりと責任を持って行動する事が大事だと言えるでしょう。

フリーランスのメリットとは

デメリットについては、少し堅苦しい言葉で書いてしまったのですが、メリットもたくさんあります。たくさんあるのですが、時間を自由に使える事や、自分のしたい事が好きな様に出来る事、自分のしたい場所で仕事が出来る、例えば図書館やカフェでも出来ますよね。また、人間関係に悩む事も少ないです。決断は全て自分で出来ます。デメリットもたくさんありますが、メリットもざっと挙げるだけでこんなにあります。
どんな仕事でもメリットばかりではありません。ぜひ、デメリットを踏まえた上で、フリーランスへの道筋を開拓してみてはどうでしょうか?
個人的な見解としては、若いうちにフリーランスを選んで良かったと思っています。

私のおすすめ記事

フリーランスとしての重要な考え方

Webディレクターに限らずですが、フリーランスという働き方をする上で、これは重視した方がいいよと思う考え方の基準について紹介します。フリーランスとして仕事をするということは、自分が、自分という人間と、お金、時間、仕事を管理し全てがうまく回るようにコントロールすることです。そのために、どんなことに対しても、5W1H で考える習慣をつけてください。

Webディレクターのための交渉術

交渉術は、コミュニケーションスキルの中のひとつと位置づけることもできます。要するに、人と人との心理戦です。相手が何を求めているのか、何を考えているのかを把握できなければ、交渉を有利に進めることはまずできません。フリーランスのWebディレクターとして手腕を発揮する上では、必要に応じて必要な場面で、スマートな交渉ができるかどうかによって、成果や結果に差が出てきます。

Webディレクターのコミュニケーション能力

どの職業でも、どの業界でも必ずといっていいほど必要なスキルとして取り上げられるキーワードが、コミュニケーションスキルですね。コミュニケーションがとれなければ仕事がうまく進まないということは、ほとんどの人が肌で感じていることと思います。Webディレクターという職業柄、かつフリーランスともなれば、コミュニケーション能力の有無が成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。

若手ディレクターの熱血フリーランス宣言

Copyright © 2014 若手ディレクターの熱血フリーランス宣言 All Rights Reserved.