若手ディレクターが語る!フリーランスのWebディレクターとして活躍するために

フリーランスWebディレクターになったら、仕事をバンバンとって活躍して成功しなければ意味がありません。意味がないといえば言いすぎでしょうか。フリーランスWebディレクターとしてひとつの仕事に関わったら、そのディレクション手腕とクオリティレベルが次の仕事につながることも多いものです。フリーランスとして稼ぎを増やしたいなら、できるWebディレクターを目指すべきでしょう。

出来るWebディレクターは2回仮説を立てる

出来るWebディレクターは2回仮説を立てる

既存のサイトのリニューアルというプロジェクトでのディレクションという仕事はWebディレクターにとって増加傾向にありますが、よりクライアントの満足度を上げるためには、現状分析だけに留まらず、仮説を立てることが重要です。
まずはクライアント視点からの仮説を立て、クライアントが新しいサイトに求めるものを把握しましょう。その上でユーザー視点での仮説を立て、ユーザーの求めるものを検討します。このように複数回仮説を立てることで、既存サイトのデータを分析するだけでは足りない部分を補うことができ、ユーザーとクライアント双方にとって満足度の高いサイトを構築することができるでしょう。

続きを見る

Webディレクターのコミュニケーション能力

Webディレクターのコミュニケーション能力

Webディレクターは、プロジェクトの発注側、受注側のどちらにとっても必要不可欠で重要な役割を持っています。しかし業界や企業によって、Webディレクターに求める役割やスキルは異なっているため、フリーのWebディレクターを目指そうとするならば、相当に広い範囲の知識やスキルが必要とされるでしょう。ただし、どの現場でも必ず必要なのがコミュニケーション能力です。Webディレクターの仕事の本質は、人の間のすれ違いや衝突をさけ目的を達成する調整役という部分です。そのためには円滑に人との対話を進める能力が不可欠だと言えるでしょう。

続きを見る

Webディレクターとして成功するためのまとめ

Webディレクターとして成功するためのまとめ

Webディレクターにせよデザイナーにせよフリーランスとして自らをWeb上で広く認知してもらうためには、仕掛けが必要です。まずは自分のポートフォリオを個人のウェブサイトで一覧にして公開しておくことも良いのですが、依頼者が自分を簡単に見分けられることが一番の目的です。オープンネットワーク上で自分をアピールするという方法も検討してみましょう。一方でフリーランスで仕事を進める上では、スケジュールと仕事に必要な様々な情報を適切に管理することが大切です。また依頼によっては複数の異なるプロジェクトが同時進行することもあり、その中で異なるタイプの顧客とうまく付き合うことも必要になります。

続きを見る

私のおすすめ記事

フリーランスとしての重要な考え方

Webディレクターに限らずですが、フリーランスという働き方をする上で、これは重視した方がいいよと思う考え方の基準について紹介します。フリーランスとして仕事をするということは、自分が、自分という人間と、お金、時間、仕事を管理し全てがうまく回るようにコントロールすることです。そのために、どんなことに対しても、5W1H で考える習慣をつけてください。

Webディレクターのための交渉術

交渉術は、コミュニケーションスキルの中のひとつと位置づけることもできます。要するに、人と人との心理戦です。相手が何を求めているのか、何を考えているのかを把握できなければ、交渉を有利に進めることはまずできません。フリーランスのWebディレクターとして手腕を発揮する上では、必要に応じて必要な場面で、スマートな交渉ができるかどうかによって、成果や結果に差が出てきます。

Webディレクターのコミュニケーション能力

どの職業でも、どの業界でも必ずといっていいほど必要なスキルとして取り上げられるキーワードが、コミュニケーションスキルですね。コミュニケーションがとれなければ仕事がうまく進まないということは、ほとんどの人が肌で感じていることと思います。Webディレクターという職業柄、かつフリーランスともなれば、コミュニケーション能力の有無が成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。

若手ディレクターの熱血フリーランス宣言

Copyright © 2014 若手ディレクターの熱血フリーランス宣言 All Rights Reserved.