若手ディレクターが語る!フリーランスのWebディレクターとして活躍するために

Webディレクターのコミュニケーション能力

Webディレクターのコミュニケーション能力

Webディレクターの仕事

Webディレクターはサイト構築をする際には必要不可欠な存在です。それだけに求められる役割は大きく、さらに担当する業界や企業のおかれた環境によってもその範囲は異なります。フリーのWebディレクターの場合、さらに多様な条件下で先頭に立つことを求められると考えておくべきでしょう。
「現場監督」と言われることもあるWebディレクターですが、その大きな役割は、受注側と発注側の橋渡しをし、共通のゴールへ向かうためのリーダー役を担うことです。そのためには、Webサイト構築のための豊富な知識とノウハウを生かす能力はもちろんのことですが、それだけには留まらず、ビジネス戦略、コンテンツ開発やシステムとの連携といった幅広い能力が求められています。

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターに求められる役割は、限られた予算と納期の中で、求められた品質の製品を発注側に提供することです。時には無理な要求を言う発注側もいるでしょうし、雑な仕事をする受注側もいるかもしれません。それをうまく調整し、お互いの利益となるようにプロジェクトを管理するのがWebディレクターなのです。
そのために必要なスキルとはどういったものなのでしょうか。
Webディレクターが活躍する場所としては、主に広告代理店、Web制作会社、システム開発会社、サービス事業会社などが挙げられます。しかし、どの業界で働くかによって、求められるスキルも異なるのがWebディレクターです。例えば広告代理店ではマーケティング、企画提案、プロジェクト進行管理などを求められるでしょうし、Web制作会社では、さらにサイト設計、情報設計、更新・運用などもWebディレクターの関わる部分だと言えるでしょう。システム開発会社ではシステム要件作成やシステム仕様・設計、開発進行管理などを任せられることもあるかもしれません。関わる範囲が多岐に渡るため、様々な知識やスキルが必要とされるのです。

Webディレクターにコミュニケーション能力が必要な理由

働く業界によって必要なスキルの異なるWebディレクターですが、ほぼすべてにおいて必要な能力があります。それがコミュニケーション能力です。
受注側と発注側の橋渡しを最も重要な役割とするWebディレクターは、他人と話をするということが必要不可欠なのです。社内の人間の間での調整はもちろんのこと、外部の人間と折衝するのも、制作マーケティングなどの企画のプレゼンテーションを行うのもWebディレクターの仕事です。さらに広報、IR、採用などにも関わり、経営戦略の機能の一部としても非常に重要な役割を持っていますが、それらはすべて他人に対して説得力のある言葉を投げかける必要があるものです。
どのような現場でも、人間同士のすれ違いや衝突を避け、ひとつの目的に向かって突き進むための調整役というのがWebディレクターの仕事の本質と言えるのではないでしょうか。

私のおすすめ記事

フリーランスとしての重要な考え方

Webディレクターに限らずですが、フリーランスという働き方をする上で、これは重視した方がいいよと思う考え方の基準について紹介します。フリーランスとして仕事をするということは、自分が、自分という人間と、お金、時間、仕事を管理し全てがうまく回るようにコントロールすることです。そのために、どんなことに対しても、5W1H で考える習慣をつけてください。

Webディレクターのための交渉術

交渉術は、コミュニケーションスキルの中のひとつと位置づけることもできます。要するに、人と人との心理戦です。相手が何を求めているのか、何を考えているのかを把握できなければ、交渉を有利に進めることはまずできません。フリーランスのWebディレクターとして手腕を発揮する上では、必要に応じて必要な場面で、スマートな交渉ができるかどうかによって、成果や結果に差が出てきます。

Webディレクターのコミュニケーション能力

どの職業でも、どの業界でも必ずといっていいほど必要なスキルとして取り上げられるキーワードが、コミュニケーションスキルですね。コミュニケーションがとれなければ仕事がうまく進まないということは、ほとんどの人が肌で感じていることと思います。Webディレクターという職業柄、かつフリーランスともなれば、コミュニケーション能力の有無が成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。

若手ディレクターの熱血フリーランス宣言

Copyright © 2014 若手ディレクターの熱血フリーランス宣言 All Rights Reserved.