WEBディレクターの種類

WEBディレクターの種類

マーケティング・企画系

コンテンツ企画の作成および提案を行うディレクターです。市場調査を通して、どのような企画が消費者の心を掴むのかを考え、現場やクライアントとのヒアリングを積極的に行い、質の高いWebサイトの制作が主な仕事です。
Webマーケティングの知識が豊富は人や情報収集に長けている人に向いています。打ち合わせや現場への指示を行うため、コミュニケーション能力の有無が問われるでしょう。

デザイン・アート系

デザイナーとともにWebサイトのデザインディレクションを行う仕事です。問題点の解決策を模索し、デザイナーと一緒に企画の提案やプレゼンに取り組みます。情報の優先順位を決定し、可能不可能の明確な判断をするディレクターです。
デザインに関する業務であるため、CSSやHTMLなどのコーディングスキルが求められます。クリエイティブ寄りな作業が好きな人であれば活躍できるでしょう。

運用管理・システム系

Webサイトを公開したあとの成果や順位推移をチェックするディレクターです。解析や分析に必要なスキルが求められる専門的な仕事と言えるでしょう。アクセス解析だけではなく、SEO知識を活かした情報設計も行います。
日々変化する情報を収集し、検索結果の調査や分析を行い続ける根気が求められる仕事です。未経験者で就くのは難しく、ライターやデザイナーなどのSEO知識を有した人が転職している傾向にあります。

営業系

Webサイト制作における提案を中心に行います。クライアントのニーズを汲み取り、制作の方向性から予算やスケジュールを立てる業務を担当します。
相手の立場に立った企画を用意し、自社の商品およびサービスを宣伝するスキルが求められるため、営業の仕事に近い立場と言えるでしょう。間違いがあれば指摘をし、方向性を正すことができる人に向いています。

WEBディレクターになるには

制作の場になくてはならないWEBディレクター。学歴や資格は問われませんが、各分野において専門的な知識や技術が求められます。前述の通り、WEBディレクターにはマーケティング能力や問題解決能力、コミュニケーションスキル、情報収集力などが必要です。
近年、インターネットやSNSの普及でWEBディレクターの活躍の場は広がっています。WEBディレクターの業務内容に興味があれば、基礎的なスキルを伸ばすところから挑戦してみてはいかがでしょうか。

私のおすすめ記事

フリーランスとしての重要な考え方

Webディレクターに限らずですが、フリーランスという働き方をする上で、これは重視した方がいいよと思う考え方の基準について紹介します。フリーランスとして仕事をするということは、自分が、自分という人間と、お金、時間、仕事を管理し全てがうまく回るようにコントロールすることです。そのために、どんなことに対しても、5W1H で考える習慣をつけてください。

Webディレクターのための交渉術

交渉術は、コミュニケーションスキルの中のひとつと位置づけることもできます。要するに、人と人との心理戦です。相手が何を求めているのか、何を考えているのかを把握できなければ、交渉を有利に進めることはまずできません。フリーランスのWebディレクターとして手腕を発揮する上では、必要に応じて必要な場面で、スマートな交渉ができるかどうかによって、成果や結果に差が出てきます。

Webディレクターのコミュニケーション能力

どの職業でも、どの業界でも必ずといっていいほど必要なスキルとして取り上げられるキーワードが、コミュニケーションスキルですね。コミュニケーションがとれなければ仕事がうまく進まないということは、ほとんどの人が肌で感じていることと思います。Webディレクターという職業柄、かつフリーランスともなれば、コミュニケーション能力の有無が成功と失敗を分けると言っても過言ではありません。

若手ディレクターの熱血フリーランス宣言

Copyright © 2014 若手ディレクターの熱血フリーランス宣言 All Rights Reserved.